News

「5G戦争」で日本の通信機器業界が世界から取り残される理由

Diamond Online

2020年からいよいよ日本でも携帯電話の第5世代、いわゆる5Gのサービスが開始されます。5Gへの切り替えとなると、携帯電話会社1社で2兆円規模の投資が必要になります。単純計算すると、携帯4社(ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天)合計で8兆円ですから、日本経済全体の景気を左右するくらいの特需が起きることになります。しかし一方で、この5G通信網の調達先として、NECや富士通のような日本の通信機器メーカーの存在感が低いことが指摘されています。…

このエントリーをはてなブックマークに追加