News

「迎合」ではなく「尊重」を。終身雇用崩壊後の日本企業のあるべき姿とは?

Forbes

新卒一括採用の見直しや富士通の45歳以上への早期退職勧告、相次ぐセクハラ問題など、日本の雇用をめぐって、さまざまな問題が噴出している。課題は数あれど、多くの人が感じているのは、新卒一括採用・終身雇用を中心としたこれまでの組織のあり方には限界がきているということではないだろうか。では、次なる時代のHR戦略をどのように考えるべきなのか。…

このエントリーをはてなブックマークに追加